「太鼓叩きの山村的日常あるいは非日常」 Wave Drum 辻田 浩之

神奈川県の小さな山あいの集落に暮らす太鼓叩き 辻田浩之 のブログ 日常の出来事や旅の日記、はたまた周辺に住むアーティスト達との非日常を徒然なるままに書くものである

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

うどん作りを見学に行くつもりが~

 藤野の篠原の里という施設で
 今、福島県の子供たちが来て
「ゆったり里山体験」が開かれていますが
 今日は、手作りうどんの体験会

 蕎麦に続き、うどんの作り方も知りたい私は
ちょっと見学に~

 うどんをこねる
 地元のおばあちゃんが来てみんなに教えてくれました
 昔から、うどんをよく食べる地域なのです
 やっぱり蕎麦打ちとはやり方がだいぶ違う

 水が少なめで、まだパサついているような段階で
 足で踏む

 おんぶうどんふみ
 子供を背負ってのスペシャル版
 踏んでいるとだんだん餅のように弾力が出てくる

 これを30分くらい寝かせて
 次に手動製麺機で伸したのち
 麺にする

 うどん製麺
 子供たちも頑張る!

 と、ここまで、見させてもらって帰るつもりでしたが
 夜の、お別れパーティーも参加することになりました
 福島の子供たちは明日帰るのでした~

 外には、太陽光シャボン玉マシンが現れました

 太陽光シャボン玉マシン
 シャボン玉見えるかな~

 午後の日差しとシャボン玉
 子供たちはシャボン玉を追いかけて
 走り回っています
 夕時の日差しの中で、ほのぼのとしていました

 これを持ってきたのは、藤野電力の方
 原発事故を機に、本格的に自然エネルギーの
 利用の仕方を模索しています

 夜になると、地元の方々も集まって
 食事会、余興も飛び出して盛り上がりました

 歌う篠原の子達
 地元の子共達が、福島の子供たちのために歌う

 10時ごろまで歌って遊んで過ごしました
 明日、福島に帰る子供達、早く寝ろよ~


 篠原の里では、安心して外で遊ぶことの出来ない子供たちを
呼んで、しばらく滞在してゆっくりと過ごしてもらうという企画を
去年からやっていますが、これで3回目になります
 参加したい方が多くて、すべての希望者を受け入れることは出来ないのですが
今後もずっと続けて、少しでも多くの人にゆったりと里山体験をしてもらえるよう
みんなで頑張っています~
 ブログ うえるかむ!しのばらんど

 ということで、また夜遅くなってしまいました

 明日は天気が荒れるようです
 みんな無事帰ってくれよ~! 

| 日記 | 00:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。