「太鼓叩きの山村的日常あるいは非日常」 Wave Drum 辻田 浩之

神奈川県の小さな山あいの集落に暮らす太鼓叩き 辻田浩之 のブログ 日常の出来事や旅の日記、はたまた周辺に住むアーティスト達との非日常を徒然なるままに書くものである

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

栗の木を切る!

 今日は、家の玄関のドアと、外の階段などの手摺の製作を依頼している
藤野の作家さん、高橋政行さんと栗の木を切ってきました
この栗の木で、ドアと手摺を作るのです
 高橋政行さんは、藤野駅から見える「緑のラブレター」の作者です

 前回1月に、台風で倒れてしまった栗の木を川から引き上げましたが
その時はこんな感じです

 倒れた栗の木

 これをチェーンソーで切りながら引っ張り上げます

 栗の木を切って引っ張り上げる

 今日は、これを運び出せるぐらいに切り分けます
 
 栗の木切る前

 この状態から、材として使えるように切る方向を
じっくり考えます

 栗の木切る印をつける

 木のラインに沿って印をつけて
チェーンソーで切ります

 栗の木をうまく切る

 高橋さんはすんなりと切っていきますが
かなり高度な技術です
 私も出来るようになりたいものです~

 そして、めでたく切り分けました

 栗の木切り分け

 この木のカーブを生かしつつ手摺を造ります
ここでお昼になったので、今日のところはこれで終了~
これを車に積んで、高橋さんのアトリエに運びました 
無理なくやるのが、作業の極意です

 次回は、根元の太い部分を製材します
大型のチェーンソーにアタッチメントを付けて
現場でそのまま製材します
 どんな風にやるのかは、またのお楽しみ! 

| 家造り | 17:21 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。