「太鼓叩きの山村的日常あるいは非日常」 Wave Drum 辻田 浩之

神奈川県の小さな山あいの集落に暮らす太鼓叩き 辻田浩之 のブログ 日常の出来事や旅の日記、はたまた周辺に住むアーティスト達との非日常を徒然なるままに書くものである

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

福島の子供たちとじゃねる!

 今日は、福島の子供たちと太鼓を叩いて遊んできました
 場所は法政大学の多摩キャンパス
 「福島と東京​の子どもたちの交流合宿」という企画の中で
 じゃねんずやってきました

 福島にいる間は、外で遊ぶことを控えているため
 外で遊べることを待ち望んでいたとのこと
 大学の広いキャンパスで思いっきり、遊べてうれしそうです

 芝生の広場に太鼓などの楽器を並べて待っていると
 子供たちがやってきて、楽器に手を出してみますが
 最初は、見慣れないものばかりなので、神妙な感じです
 楽器の名前や叩き方を軽く説明して、音を出し始めると
 だんだん慣れてきて、グルーブが合ってきます
 子供たちは吸収が早いな~

 福島の子たちと法政大学でじゃねんず

 八王子の子供たちの中には和太鼓をやっている子もいて
 いいリズムを出していました

 始める前は空が曇っていて、北風も冷たく
 どうなることかと思っていましたが
 太鼓を叩きだした途端晴れてきて、
 暖かい中みんなで遊べました
 あ~良かった!

 毎日放射能のことを気にしながら生活されているようですが
 こちらにいる間は、少しでも楽な気持ちで過ごしてくれればなあ~と思います

 まだ叩く子供たち

 この写真は八王子の子供たちですが、終わってもまだ叩いています
 音の問題で練習がなかなか出来ないらしく、好きなだけ叩いています
 こういうのもいいですね

 さてさて、もうご存知の方も多いとは思いますが
 じゃねんずとは、藤野在住のアーティスト傍島飛龍さんが
 団長の超音楽的お遊び集団です
 まだご存知でない方はこちらを「じゃねんず」


 

| じゃねんず | 20:04 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT

おつかれさまで~す
空の下で遊ぶってやっぱりいいですね
いろんな音に酔いしれてきっとみんなもいい時間を過ごせましてよね♪

| しょうこ&にこ | 2012/03/27 12:22 | URL |















非公開コメント:

<< PREV | PAGE-SELECT | NEXT >>

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。